So-net無料ブログ作成
トレラン・レース ブログトップ
前の10件 | -

ペーサー初体験♡ [トレラン・レース]

9/17-18に開催された信越五岳100mileレース(台風接近で102kmに短縮)にペーサーとして参加した。

ペーサー:長距離トレランレースで主にレース後半を選手と一緒に走る伴走者。状況に応じて先や後を走る。
オイラは今回がペーサー初体験なのだ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

須磨海岸からオハ~! [トレラン・レース]

第13回六甲縦走キャノンボールレース(往復のPower)に参加し、
宝塚から須磨に着いて夜を明かして朝を迎えた。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

裏磐梯山岳耐久レースに出たよ [トレラン・レース]

2008年のハセツネで、トレランレースは引退したつもりだった。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

ハセツネ中の胃腸不良発生について [トレラン・レース]

直接聞いたりブログを読んだりすると今年18回ハセツネのレース中に胃腸不良が発生した選手がかなりいたようだ。
このことについて考えてみた。

続きを読む


nice!(0)  コメント(7) 

勝手にボランティア [トレラン・レース]

昨日メールで峰さんより滝本駅へ7:30までに集合せよとの指令あり!
曇り時々雨との予報で正直乗り気ではなかったが、仕方あるめぃイッチョイッタルカ~
とマイカーを飛ばしていく。

続きを読む


nice!(0)  コメント(16) 

ああすればよかった山耐反省レポ [トレラン・レース]

すんごく言い訳になるけど,多分今の体力でもサブ9は可能だったと思った。
アスリートの端くれ?として,どうすればサブ9達成できたかの分析だけはさせておくれ。
決して後悔してのことじゃないよ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(17) 

Final Attack to Hasetsune☆ [トレラン・レース]

2008年10月12日その日は遂にやってきた。
トレイルランレースの総決算といえる第16回日本山岳耐久レース(長谷川恒夫CUP)の開催だ。
(タイトルはハセツネとしたけど,以下では山耐と略す)

それでは山耐レポートを始めよう。

その前に断っておくことがいくつかあります。
1.臨場感を出すために現在形および現在進行形を主に使います。
2.敬語は極力使いません。
3.オモロないギャク,妙な関西弁および不適切な表現があるかもしれません。
  しかし,突っ込まないでください。
  ウソです。どしどしコメントでの突っ込みを期待してます。
  ただし,長過ぎとか話が脱線していていることに関してのコメントは受付けません。
4.もちろん真剣なコメントも期待していますし,その方には真摯に返答します。
  おふざけコメントには,さらにおふざけで返しますよ。
5.はっきり言って長い長過ぎる記事です。きっこのブログと今回はタメをはれます。
  ですが,続きを読む をクリックされたら 責任を持って最後までお付き合いください。
6.公開した後も予告なしに加筆,修正することがあります。
  ゴール後で記憶が一部飛んでいたことをようやく思い出しました。
  また,とても大切なことを忘れていましたので,それも最後に追記しました。
  その他にも細かな修正をしています。

そこのところをひとつよろしくお願いします。

続きを読む


nice!(0)  コメント(22) 

我が山耐に悔いなし [トレラン・レース]

たがが4年ごときでタイトルが大げさ過ぎたかな~ 恥ずかしい気もするがこれでいいでしょ!

目標のサブ9は達成できなかったが,精一杯やれた。
結果は9:09'22" 総合32位,男子31位,男子40代4位でした。

スタート時,道中での応援は本当に励みになりました。
ゴールでの拍手も心に染みました。
ありがとうございました。

もちろん,いろいろ支えてくれた家族にも感謝です。

これで心置きなく山耐を卒業できます。

続きを読む


nice!(0)  コメント(15) 

宣誓! [トレラン・レース]

やれるんだ! 己をとことん信じてやろう

胸熱く心は澄み渡らせよう

道中挫きもあるだろうが,最後の最期まで精一杯やろう

天地人に感謝し,力を与えてもらおう

皆の無事帰還を祈ろう

続きを読む


nice!(0)  コメント(2) 

恍惚の刻 [トレラン・レース]

夜の帳がおり,山は静寂さを取り戻した。
あれほど居た周りのランナーが消え去り,一人だけになった。

山道を駆ける音,己の吐息,ザックの揺れる音
時折藪を騒がす音は鳥か獣か
甘いとも苦いともつかない山の馨,時折吹いてくる涼しい風
もはや辛さも今はどこかへ行ってしまった。

ライトの明かりに吸い込まれそうだ。
ああ,この時間をいつまでも独り占めにしたい。


そんな刻が今年も味わえるはず。


続きを読む


nice!(0)  コメント(8) 
前の10件 | - トレラン・レース ブログトップ