So-net無料ブログ作成
検索選択

Adizero MANA7 後継探しの沼 [グッズ]

お気に入りのランシューAdizero MANA7は正当にアップデートされず,MANAスピードバウンズという重くて,ソールパターンがトレイルには向かないシューズになってしまった。
なので,メーカーを問わずMANA7後継探しの旅に出ることになった。

MANA7後継の条件は次のようなもの
1.実売5000円代(できれば前半)
2.27cmで片足230g未満
3.ソールがソフト過ぎず,アッパーがしっかりしていること
4.ロード600km以上の耐久性
5.トレイルにも使用できること

これまでのMANA7たち
MANA7S.jpg

後継として最初に目をつけたのがNewBalance M1090 26.5cm 2E(右)
(左)は最後に購入したMANA7 27.0cm wide
P1050691.JPG
しかし,これはアッパーがソフト過ぎるのとソールのソフトさから足の内側へのブレを起こし易くNG

2番目は一応試してみようとMANAスピードバウンズ27.0cm wide
P1380762.JPG
250g超で重く,フラットソールで足の追従性が悪い,ソールパターンが単純でトレイルのグリップが悪くNG
ただし,堅牢で富士山頂3往復後もまだ使える点は立派だ。

3番目はNIKEスピードライバル5 27.0cm wide
P1050895.JPG
軽くてMANA7よりソフトで反発性のあるソールでキロ4分まで楽に飛ばせるが,ウエットグリップが悪くトレイルには向かない。
ただ,スピードライバル6が発売されており,こいつのソールパターンはウエットグリップが改善されているかもしれないので,今後試してみたい。

4番目はAcicsスピードレーサーRS 27.0cm wide
P1050912.JPG
片足209gとかなり軽量,先のNIKEより反発性は低いが接地の安定感がある。ロードのスピードトレーニングには最適だ。ウエットグリップも悪くない。しかし,アッパーが弱そうでトレイルやガレ道では直ぐに破けそうなので,トレイルには向かないと思う。
ただし,こいつはそもそも実売7000円台と高価なので,条件違反かな。

ということで,MANA7後継探しの旅は続く!
旅というよりもはや"沼"だけど・・・

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。